【スポンサードリンク】

スポンサードリンク

速いフレーズ

速いフレーズを弾くのは、ギターを弾く人なら誰もが憧れますね?

 

けれども「そんなにすぐに弾けるようにはならない」とか
「どうせ自分には無理だ」とあきらめてしまう人もいます。
でも、簡単に弾ける速いフレーズもあるんです。

 

今回は、聞いた人に「おっ!」と思わせる、
簡単で速いフレーズを紹介しましょう。

 

プリングを効果的に使う

まずはお手本の動画を見てみましょう。

 

 

 

一見、動きも音も早くて難しそうに思えますね?
でも実はとても簡単なフレーズなのですよ。
では、譜例を見てみましょう。

 

pic47.gif

 

プリングの記号がたくさん書いてありますね?
最初の音を出したら、薬指・中指の順に2回プリングをします。

 

右手でピッキングするのは、3音に1回です。
その分左手に集中することができるので、弾きやすくなります。
また、ずっと同じ動きをするだけなので、覚える動作も1つだけなんです。

 

人差し指・中指・薬指を1フレットごとにおさえる。

 

最初の音をピッキング。

 

薬指、中指の順にプリング・オフをして音を出す。

 

3フレット移動して"step1"に戻る。

 

これを繰り返すだけでO.K.なんです。

 

ポジション移動は素早く

このフレーズを上手く弾くコツは、ポジションの移動を素早く行うことです。
移動するときには、左手のフォームを崩さないように注意しましょう。
そうすれば、左手を横に移動させるだけですぐに次の動作に入ることができます。

 

移動は、人差し指を起点に行います。
左手をリラックスさせて、目標となるフレットをしっかりと見るようにしましょう。

 

右手でピッキングした後は、プリングをするだけです。
すでに左手はおさえてあるので、もう見なくても弾けますね?
ですからこの時点で、次に移動するべきフレットに目線を移しておきます。

 

pic48.jpg

 

常に目線だけ先回りして移動させておけば、素早いポジション移動でも
混乱することなく目標のフレットに移動することができます。

 

半音階で移動するこのフレーズは、
どんなコードでも使用することができます。
一度覚えてしまえばどの曲でも使えるので、
身に付ければ大きな武器になりますね。