1日目:基本的な弾き方

さぁ、いよいよギターを弾いて行きましょう。最初は、ギターが最もギターらしい音を出すことができる、コード・ワークから始めます。基本的な弾き方をマスターして、ジャラーンとギターを鳴らしてみましょう。とてもスカッとした気分を味わうことができるでしょう。これこそがギターの醍醐味です!基本的なことから始まって、少しだけ凝ったバッキングの弾き方にも挑戦してみましょう!

 

1日目:基本的な弾き方記事一覧

さぁ、いよいよ実際にギターを弾いていきましょう!まずは、ピッキング・ストロークのやり方を身に付けましょう。ギターのストロークと言っても、やり方は簡単です。ギターを構えて、ジャラ~ンと解放弦を弾いてみましょう。腕の角度を変えてみたり、ピックの当て方を変えてみたり、色々な弾き方を試してみましょう。どうですか?少し弾き方を変えるだけでも、音色や弾き心地が大きく変わりますよね?良い音を出すには、やはり適切...

右手のストロークができたら、今度は左手でコードをおさえてみましょう。コードは、ギターにとって一番の基本です。コードは、簡単に言えば、複数の弦を弾いて和音を鳴らすことです。厳密にはもっと複雑な説明があるのですが、ここでは「そんなものだ」と思っておけば良いでしょう。ジャラ~ンと複数の音を鳴らすのは、それだけで気持ちが良いですね。この音こそが、ギターの最大の特徴でもあります。簡単なコードを弾いてみよう最...

ロックギターには"パワーコード"と呼ばれるフォームがとても多く使われます。パワーコードは、2音または3音で構成されるコードで、主に、コードの主音であるルートと、5度の音で構成されます。そんな難しい説明は抜きにして、指1本または2本でおさえられる、"簡単なコード"だと思ってください。アンプを通して音を出すロックギターでは、2つの音だけでも十分に迫力のあるバッキングを作ることができるのです。パワーコー...