【スポンサードリンク】

スポンサードリンク

ストロークのやり方

さぁ、いよいよ実際にギターを弾いていきましょう!
まずは、ピッキング・ストロークのやり方を身に付けましょう。

 

ギターのストロークと言っても、やり方は簡単です。
ギターを構えて、ジャラ~ンと解放弦を弾いてみましょう。

 

腕の角度を変えてみたり、ピックの当て方を変えてみたり、
色々な弾き方を試してみましょう。

 

どうですか?
少し弾き方を変えるだけでも、
音色や弾き心地が大きく変わりますよね?

 

良い音を出すには、やはり適切な角度と力で
ピックが弦にヒットしなければいけません。
そのために、理想的なフォームでストロークをしましょう。

 

ダウン・ピッキング

まずは、腕を上から下に向かって振る"ダウンストローク"です。

 

ボディーの右上のくぼみあたりにヒジを固定します。
ヒジを支点にして、腕を軽く振ります。

 

力を入れたり、大きく振る必要はありません。
全身をリラックスさせて、コンパクトに振りましょう。

 

ピックが弦にヒットする瞬間に、素早く手首を返します。
こうすることで、迫力のある音を出すことができます。

 

 

 

いまの動きを動画で確認してみましょう。

 

アップ・ピッキング

下から上に向かってピッキングするのが、アップ・ピッキングです。
ダウン・ピッキングで下した腕を、そのまま持ち上げるようにします。

 

肘を支点にして、コンパクトに振りましょう。
ピックが弦にヒットする瞬間に、手首を素早く返すようにすると
上手く弾けますよ。

 

 

 

これも動画で動きを確認してみましょう。

 

 

ストローク

ダウンとアップを交互に行うのが、ストロークです。
やり方のコツは、力を抜いてコンパクトに振ることです。
ヒジを支点にして、振り子のように腕を振るイメージです。

 

 

 

弦がヒットする瞬間に、手首のスナップを効かせて、
迫力のある音を出しましょう。

 

始めのうちは、6弦全てを弾くのは難しいかもしれません。
また、無理にすべての弦を弾こうとすると、綺麗な音が出せません。

 

慣れるまでは、ダウン・ストロークのときは、6弦~3弦くらい。
アップ・ストロークのときは、1弦~4弦くらいの音が出せるように
狙いを定めてピッキングしましょう。



 

 

ストロークのやり方関連ページ

コードを弾いてみよう
簡単パワーコード