【スポンサードリンク】

スポンサードリンク

弦の張り方・交換

エレキギターの弦は消耗品です。
弦が切れてしまったり、音に張りが無くなったり、
チューニングが狂いやすくなったら交換しましょう。

 

注意すること

弦を交換する前に必ずすること。
それは"弦を緩めること"です。

 

強く張った弦をニッパーなどで急に切ったりすると、
ネックに大きな負担がかかってしまいます。
弦を交換する時は必ずペグを回して、弦を緩めましょう。

 

また、弦は基本的に1本ずつ交換してください。
6本全て外してしまうと、これもネックに大きな負担がかかってしまいます。

 

ただし、フレットや指板を磨くなどのメンテナンスの時には、
全部の弦を外す必要が出てきます。

 

そういった作業はあまり頻繁にやらずに、
ひと月~数か月に一回くらいにしておきましょう。

 

弦を交換してみよう

では、実際に弦の交換をして行きましょう。
弦交換に必要な道具は、ニッパーだけです。

 

ロック式ギターの場合、ロックを外すのに
六角レンチやドライバーを使うこともあります。
それぞれのギターによって異なりますので調べておきましょう。

 

古い弦を外す

弦を緩めてからニッパーなどで切ります。
ペグに巻き付いた分は、さらにペグを回して取り除きましょう。
ブリッジに残った弦も外します。

 

新しい弦をブリッジに弦を通す

新しい弦は、丸くまとめた状態でパッケージに入っています。
両側を持って軽く引っ張って、弦を伸ばしましょう。

 

新しい弦をブリッジに通します。
弦の、丸いボールエンドが付いていない方から通しましょう。

 

ブリッジは、ボディーの裏側から通したり、
表側に付いている"テイルピース"に通すこともあります。
弦を外す前に、どこに通っているのかを確認しましょう。

 

ペグに巻き付ける。

とがった方の先端を、ペグにあいている穴に差し込みます。

 

ヘッド部分に、弦を固定して張力を稼ぐストリング・ガイドが付いているときは、
ストリング・ガイドの下に弦を通すことを忘れずに。

 

ナットの溝に弦を通して、弦を引っ張ります。
その状態で、ペグ2個分ぐらいのところに軽く折り目を付けましょう。

 

穴に入った弦を折り目のところまで戻して、ペグを回していきます。
巻き付ける方向を間違えないように注意しましょう。
ペグに弦を巻き付けるときは、上から下に巻いていくようにしましょう。

 

ある程度ピーンと弦が張ったら、巻き付け完了です。
次の弦を交換しましょう。

 

チューニングする

6本の弦全てを交換したら、チューニングをしましょう。
(※チューニングのやり方は次の項で説明します。)

 

交換したばかりの弦は、音程が変化しやすいので、
何度か引っ張ったりしながらチューニングします。

 

6本の弦を合わせたら、もう一度全ての弦をチューニングしなおします。
それでもまだ安定しない場合は、チューニングがしっかりと決まるまで
何度か繰り返しましょう。

 

これで弦の交換は完了です。
これまでの流れを動画にまとめました。

 

 

 

エレキギターのブリッジには、いくつかの種類があります。
そのうち"ロック式"と言われるブリッジは、少しやり方が異なります。

 

ペグの使い方など、基本的な部分は変わりませんので、
弦交換の前に、ギターに付いている説明書を良く読んでおきましょう。