【スポンサードリンク】

スポンサードリンク

各部の名称

これからギターを弾く前に、まずギターの各パーツの名称や、
ギターの構え方などを覚えて行きましょう。

 

ある程度ギターに関する知識は持っている人や、
「何よりもまずギターを弾いてみたい!」と言う人は、
飛ばしてしまってもかまいません。

 

これから読み進めるうちに、分からない用語が出てきたときに
ここに戻ってきて確認すれば良いでしょう。

 

パーツの名前

エレキギターは、大きく『ボディ』『ネック』『ヘッド』
の3つに分けられます。

 

pic1.gif

 

それぞれの部分には、さらにいくつかのパーツがあります。
ひとまず、ギターの演奏に必要になるパーツだけ紹介しましょう。

 

ヘッド・パーツ

ヘッドには、「ペグ」「トラスロッド」があります。

 

ペグ

ペグには、弦が巻き付いています。
さらに、ペグを回してチューニングをすることができます。

 

トラスロッド

ネックが反って来たときは、トラスロッドを回して調整します。
トラスロッドの回し口が、ボディ側にあるギターもあります。

 

ネック・パーツ

ネックには「ナット」「指板」「フレット」「ポジションマーク」があります。

 

ナット

ネックの一番先端にあります。
弦の横位置を固定しています。

 

指板

ネックの表面に貼られた板。
フィンガー・ボードとも呼ばれる。

 

フレット

指板に打ち込まれた金属の棒。
弦をフレットに押し付けることで安定した音程を出すことができます。
ネック側から、1フレット、2フレット・・・と読んで行きます。

 

ポジションマーク

フレットの位置の目安となるマーク。
一般には 3、5、7、9、12、15、17、19、21 フレットにあります。

 

このマークを目印にすることで、フレットの数を数えずに、
ひと目で目的のフレットを見つけることができます。

 

ボディ・パーツ

ボディには「ピックアップ」「ブリッジ」「ピックアップセレクター」
「アウトプット・ジャック」「ボリューム/トーン・ノブ」「ストラップ・ピン」
などがあります。

 

ピックアップ

弦の振動を電気信号に変えるパーツ。
エレキギターの心臓部です。

 

ブリッジ

弦の根元部分を固定するパーツ。
アーム付きのギターは、ブリッジを動かすことで音程を変化させます。

 

ピックアップセレクター

ほとんどのギターは、複数のピックアップが乗っています。
どのピックアップを使うかを決めるスイッチです。

 

アウトプット・ジャック

ケーブルのプラグを差し込みます。
アンプへ繋げて、大音量を出すことができます。

 

ボリューム/トーン・ノブ

ギターのボリュームやトーンを変化させるノブ。
基本的には、両方とも最大で使います。

 

ストラップ・ピン

ギターを立って弾く時に、ストラップを固定するピン。

 

ひとまずは、これだけ覚えておけば良いでしょう。
すぐに覚えられなくても良いので、
分からないパーツ名が出てきたらここに戻って確認してくださいね。