【スポンサードリンク】

スポンサードリンク

アンプ・セッティング

ここからは、ギターの音作りのやり方を紹介して行きます。
まずは、エレキ・ギターの音に最も重要なアンプのセッティングについてです。

 

音を出してみよう

アンプから音を出すためには、ギターからアンプに
音の信号を通さなければいけません。

 

ギターのアウトプットジャックからシールド・ケーブルを繋いで、
ケーブルの反対側のプラグを、アンプのインプット・ジャックにつなぎます。

 

このとき注意しなければいけないのは、
ケーブルをアンプに挿すときは、必ずアンプの電源を切っておくことです。

 

アンプの電源を入れたままケーブルを抜き差しすると、
「ボンッ!」という、とても大きなノイズが発生します。

 

耳に痛いだけでなく、アンプやスピーカーにも大きなダメージを与えてしまいます。
高価なアンプを守るためにも、電源の切り忘れには注意しましょう。

 

ケーブルを挿したら、電源を入れます。
その前に、すべてのボリュームを"ゼロ"にしておきましょう。

 

これも、理由は同じです。
いきなり大きな音が出てしまうと、アンプやスピーカーに大きな負担がかかります。

 

それを防ぐためにも、毎回電源を切る前にツマミを全てゼロにする。
電源を入れる前にツマミが全てゼロになっているか確認する。
この2つを習慣にしてしまいましょう。

 

真空管を使ったアンプ(チューブ・アンプ)の場合、
真空管が暖まるまではちゃんとした音がでません。
きちんとした音が出るまでには数分かかりますので、慌てずにゆっくりと待ちましょう。

 

大型のチューブ・アンプには"スタンバイ・スイッチ"と言うものがあります。
アンプから音は出さずに、チューブを暖めることができるスイッチです。
真空管が暖まるまではスタンバイ状態にして、余計な音が出ないようにしましょう。

 

ゲインとマスター

さぁ、準備が整ったら、いよいよ音を出してみましょう。
ギターを「ジャーン!」と鳴らして、少しずつボリュームを上げて行きます。
大体、目当ての音になったな、と思ったら音作りをしていきましょう。

 

まず、GAINMASTERのツマミで、アンプの音量と歪み(ひずみ)の量を決めます。
歪みがアップすると、ギャーン!とした、ロック・ギターらしい音になります。

 

歪の量は、GAINツマミで調節します。
DRIVEとか、DISTORTION と言った名前になっている場合もあります。
また、小さいアンプや古いアンプでは、GAINツマミが無いことが多いです。

 

GAINを上げると、アンプの音量も大きくなります。
音量が上がり過ぎたら、MASTERのボリュームを下げて調節しましょう。

 

トーンを決める

おおまかな音量と歪み量が決まったら、トーンを設定しましょう。
ギター・アンプの基本的なトーンの決め方は、
まず、PRESENCEを除く全てのツマミを最大にします。

 

その状態から好みに合わせて、不要な帯域の音をカットして行きます。
たいていのアンプは、BASS MIDDLE TREBLE の3つのトーンツマミがあります。
これら3つのツマミを調節して自分好みの音を出して行きます。

 

PRESENCEは、TREBLEよりもさらに高音の帯域を調節するツマミです。
これは基本的には"ゼロ"に近い位置で、好みに合わせて調節しましょう。

 

代表的なトーンの組み合わせをいくつか例に出して行きます。

 

pic58.gif

 

これらの例をあれこれと試しながら、
自分にピッタリのセッティングを見つけましょう!!



 

 

アンプ・セッティング関連ページ

エフェクターを使う
手入れ・メンテナンス