4日目:テクニック練習法

ここでは、ギターを単音で弾いていく“リード・プレイ”の練習法を紹介して行きます。リードプレイには、たくさんのテクニックがあります。と言っても、ここで紹介するものは難しいものではありません。どれも、ギターを“より簡単に弾く”ためのテクニックなのです!また、感情表現を豊かにしたり、メリハリのある演奏をすることで、よりギターを“上手く”聞かせることができるようになります。そのための練習法も紹介して行きましょう。

 

4日目:テクニック練習法記事一覧

速いフレーズや、滑らかなフレーズを弾く時に役に立つのが"ハンマリング・オン"と"プリング・オフ"のテクニックです。"ハンマリング"は、弦に左手の指を叩きつけて音を出します。"プリング"は、弦を左手の指で引っかいて音を出します。どちらも、右手のピッキングを使わずに音を出します。ハンマリングとプリングは組み合わせて使うことが多いので、練習も一緒に行うと効率的です。ハンマリングとプリングまずは、演奏動画...

ギターのテクニックの一つに"ブリッジ・ミュート"があります。低音弦を「ズンズン」と鳴らすブリッジ・ミュートは、現代のロックミュージックには欠かせないテクニックです。リード、バッキング両方で使うことが多いブリッジミュートをマスターして迫力のある低音を手に入れましょう。ブリッジミュートのやり方ブリッジ・ミュートは、ギターのブリッジ付近を右手で軽く触れながらピッキングするテクニックです。右手の手刀の部分...

ハンマリング、プリングと同じように、ピッキングをしないで音程を変化させるテクニックに"スライド"があります。これらのテクニックを組み合わせて使うことで、複雑なフレーズも簡単に弾くことができるのです。ハンマリングとプリング、スライドを組み合わせて、右手のピッキング無しで演奏することを"レガート・プレイ"と言います。現代のリード・プレイには欠かせないテクニックです。スライドのやり方スライドはその名のと...