【スポンサードリンク】

スポンサードリンク

ミュートでメリハリをつけよう

ギターのテクニックの一つに"ブリッジ・ミュート"があります。
低音弦を「ズンズン」と鳴らすブリッジ・ミュートは、
現代のロックミュージックには欠かせないテクニックです。

 

リード、バッキング両方で使うことが多いブリッジミュートをマスターして
迫力のある低音を手に入れましょう。

 

ブリッジミュートのやり方

ブリッジ・ミュートは、ギターのブリッジ付近を右手で軽く触れながら
ピッキングするテクニックです。

 

右手の手刀の部分を弦の一番ブリッジ寄りのところに置きます。
強く押さえつけてしまうと、音程が狂ったり、鳴りが悪くなってしまいます。
弦の上に手刀部分を乗せるような感覚で、軽く触れましょう。

 

pic40.gif

 

 

 

ミュート有りと、ミュート無しのピッキングを、交互に弾いてみましょう。
最初は、6弦の解放弦を弾きます。
慣れてきたら、5弦の2フレットをおさえて2本同時に鳴らす練習をしましょう。

 

ブリッジミュートをするときは、普段よりも素早くピッキングすると
キレのある格好良い音を出すことができますよ。

 

途中で音を変える

もうちょっとレベルアップしたフレーズも弾いてみましょう。

 

pic41.gif

 

譜面にするとちょっと長く感じますが、同じ音を繰り返し弾く部分が多いので
それほど難しくはありませんね?

 

 

 

細かいタイミングで音程が変わる箇所があります。
実際に音が変わるパートの少し前から心の準備をしておいて、
ジャストのタイミングで素早く音を変えるようにしましょう。

 

今の音を出しているときに、次におさえる指を構えておく
スムーズに音を変えることができますよ。



 

 

ミュートでメリハリをつけよう関連ページ

ハンマリングとプリングで楽々
スライドで横移動